SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

「社会人野球からのドラフト1位→中継ぎ」という入団1年目の立ち位置をどう受け止めたか?《入来祐作オンライントーク》

1年目、チームの評価と自己評価は一致していた

 2021年よりオリックス・バファローズの2軍投手コーチを務める入来祐作氏。

 1996年ドラフト1位で社会人野球チーム・本田技研からジャイアンツに入団した。

 日本ハムファイターズや横浜ベイスターズ、アメリカでもプレー。引退後はホークスでもコーチを務めた。

そんな入来祐作さんは「社会人野球からのドラフト1位」ということで、チームでも主力となるポジションを1年目から期待されて当然の立ち位置だっただろう。

例えば、ピッチャーだったら先発ローテーションの1人として。打者であればスタメンでバンバン打つといったように。

しかし、入来祐作さんの1年目に与えられたポジションは“中継ぎ”だった。

当時の監督は長嶋茂雄だ。

その状況を本人はどう受け止めていたのか?

当時を思い出してもらうと「1年目の実力からすると、周りの先発陣と比較すると中継ぎが順当だと思っていた」という。

悔しい思いはあったが、監督・コーチの評価と自己評価が一致していたとのことだ。