SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

“長嶋茂雄監督伝説” 監督に名前を覚えられていない1年目、入来祐作さんがリリーフ失敗したのに別のピッチャーが2軍行きになった《入来祐作オンライントーク》

長嶋茂雄監督が名前を間違えて覚えていたから、別のピッチャーが2軍行きになった

2021年よりオリックス・バファローズの2軍投手コーチを務める入来祐作氏。

1996年ドラフト1位で社会人野球チーム・本田技研からジャイアンツに入団した。

日本ハムファイターズや横浜ベイスターズ、アメリカでもプレー。引退後はホークスでもコーチを務めた。


そんな入来祐作さんがジャイアンツに入った時の監督は長嶋茂雄。

いわゆる「長嶋伝説」は多く語られているが、入来祐作さん自身が直接体験した「長嶋伝説」を教えてくれた。


それは1年目の入来祐作さんがリリーフに失敗したときのエピソード。

長嶋茂雄監督にベンチ裏で怒られたことがあったのだが、長嶋監督は「岡田、何回同じ失敗をしたら気が済むんだ!」と入来祐作さんに怒鳴ったという。

当時、岡田展和というリリーフピッチャもいたのだが、長嶋茂雄監督は入来祐作さんと岡田展和を間違えて覚えていたようだ。

そして、入来祐作さんがリリーフ失敗したその日、何もしていない岡田展和が2軍行きになったという…。

入来祐作さんにとってはラッキー?な長嶋茂雄伝説だ。逆に岡田展和投手にとっては悲しきエピソードだ。