SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

【ソフトバンク】笠谷俊介、ヤクルトに移籍した長谷川宙輝の魅力とウィークポイント≪入来祐作オンライントーク≫

未熟だが将来有望な2人の左腕を指導した

笠谷俊介

大分商業からソフトバンクに入団した7年目・23歳の左腕。

2020年は主に短いイニングを任されて20試合の登板、4勝4敗という成績だった。

しかし、2021年は開幕から先発ローテーション入り。

3月30日のオリックス戦で今季初登板初勝利をあげた。

その笠谷俊介について、またヤクルトに移籍した長谷川宙輝について、2019年までソフトバンクの2軍、3軍の投手コーチを務めた入来祐作さんに2人のことを聞いてみた。

笠谷俊介に関しては「身体の使い方が固かった」と教えてくれた。

それを直すためにコーチとしてサポートし続けたという入来祐作さん。

その結果が実を結び始めているのは、ソフトバンクファンの方なら承知の事だろう。