SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

無観客試合ではキャッチャーが動いた足音がバッターに聞こえて、投げるコースがバレた?《横浜DeNAベイスターズ・伊藤光オンライントーク》

無観客試合では足音がバッターに聞こえてしまった

横浜DeNAベイスターズのキャッチャー・伊藤光選手が『ラブすぽ』オンライントークに登場だ!

2020年の開幕は無観客試合だった。

その無観客試合はキャッチャーにどんな難しさを与えたのか伊藤光選手が教えてくれた。

基本的に投手はキャッチャーが構えたところに投げるもの。

なのでインコースに投げさせたければキャッチャーもインコースに動くし、アウトコース投げさせたければキャッチャーもアウトコースに動く。

しかし、無観客試合ではキャッチャーが動くと、足元の砂がまるで新雪のように「ザクッ」と音がしてどこに動いたかが分かってしまい、バッターにコースがバレてしまったという。

しかも、キャッチャーの動きに合わせて動く球審もいるので、その時は伊藤光選手がいくら気を付けて足音を静かにしても構えたコースがバレてしまったという悲しい話だ。