SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

【横浜DeNA】「チームが勝てないのはキャッチャーの責任、勝てばピッチャーのおかげ」を覚悟していなければキャッチャーは出来ない!《伊藤光オンライントーク》

年齢を重ねていく過程で持った「プロキャッチャーとしての覚悟」

伊藤光選手が語ってくれた「キャッチャーというポジションをやるからには受け入れないといけない厳しく残酷な現実」。


チームが勝てなければ批判されるのはキャッチャー。

チームが勝てば称賛されるのはピッチャー。


この現実を受け入れて、覚悟を持ってキャッチャーをやっていると宣言する。

ただ、伊藤光選手も若い頃はこの気持ちになれなかったのも事実。

なので、いまのベイスターズの若手キャッチャー、益子京右、山本祐大、吾妻純平などにこの考えを強要することはしないとも語る。