SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

【西武/巨人】片岡保幸が実際にグローブを付けて語る! アウトにするため、送球につなげる捕り方とは!?

良い内野手になりたい選手へのアドバイス!!


守備の名手として内野はどこでも一流の守備を見せてくれた片岡保幸さん。

何に気を付けて守っていたかを教えてくれた。

 

まずは打球から逃げないことが大切だという。

打球を変な形で捕ると送球が大変になったしまう。

なので、可能な限り打球を体の正面で捕ることに集中していたとのこと。

どうしても正面で捕れないときに、しかたなく逆シングルで捕ったり、飛びついて捕ったりすると話してくれた。

 

そして内野の守備で最も大切なのはスローイング。

しっかりとファーストに投げられないとアウトにならないからだ。

変な捕り方から投げる場合はしっかりと投げられないことが多くなるため、やはり体の正面で捕ることが重要だ。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内