SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

【西武/巨人】若かりし頃の片岡保幸が1軍ベンチに入るため最初にしたこととは!?

スタメンでもない、代打のチャンスもない、それならどうやって打席をもらえばいいのか?


俊足好打というイメージの強い片岡保幸さん。

若かりし頃に1軍ベンチに入るために、まず何とをしてレギュラー取りへと繋げていったのか?

同じようなタイプのアマチュア選手にはぜひ聞いて欲しいトークだ。

 

決してホームランバッターではないので代打という出場機会は少なく、出場機会を与えられるのは試合終盤の守備固めが多かったという。

なので、まずは守備をしっかりと出来るように心掛けていたという。

 

試合終盤に守備固めで出ると打順の巡り会わせでは1打席回ってくるとことがある。

その試合結果には大きな影響を与えないこの打席だが、当の本人からしてみれば先のレギュラーを掴めるか、守備固めの選手で終わるかの境目となる1打席である。

つまり守備ありきのバッティングだったというのだ。

 

この守備固めで回ってくる1打席の積み重ねで結果を残せたのが片岡保幸さんだあり、西武ライオンズのレギュラー、そして侍JAPAN選出という輝かしい未来へと繋がっていく。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内