SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

【西武/巨人】DeNAの臨時コーチも務める足のスペシャリスト・片岡保幸さんが盗塁についての奥義を伝授!!

臨時コーチで教える「盗塁の秘儀」を先んじて教えてくれた!?


横浜DeNAベイスターズが春季キャンプの臨時コーチに就任することに決まった片岡保幸さん。

主に走塁技術について指導することを求められているようで、プロも認める足のスペシャリストとうこと。

そんな片岡保幸さんにリードについての技術論を聞いてみた。

 

重心は落とし気味にして低い位置でスタートが切れるようにする。

体重は左足6割、右足4割で牽制に対応できる意識を常に持っておく。

左手はひざに置いておくけれど、右手は力を抜いてブラブラとさせていたという。

体のどこかを動かしておく方がスムーズなスタートが切れるという意識からだ。

 

ちなみに西武ライオンズ時代は右手にバッティンググローブを握っていたという。着けるのではなく、外したグローブを握っておくのだ。

このことで腕に力が入り、スタートの時に腕を強く振れて速いスタートができるからだというのはMCのDJケチャップさんの解説だ。

ジャイアンツ時代はケガを防ぐというチームの方針でグローブを持つことを禁止されていたということから、片岡保幸さんは土を握っていたと教えてくれた。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内