SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

【女子野球】加藤優は高校時代にソフトボールへ転向した時期があったが、どうしてまた野球に戻ってきた!?

ソフトボールと野球は似ているようで違いが大きい

「美人過ぎる女子野球選手」と呼ばれた加藤優さんだが、高校時代はソフトボールに転向していた。


野球とソフトボールは似たような競技だと見られるところもあるが、実際にプレーしてみると似て非なるもの。


とはいえ、入学した厚木商業高等学校はソフトボールの名門校。

名門校ならではのエピソードを教えてくれた。

女子の部活というとギスギスしたイメージが強い人もいるかもしれないが、厚木商業高等学校ソフトボール部はそうではなかった。

たしかに先輩たちは迫力があったが、後輩を優しく受け入れてくれたという印象。

上下関係が必要以上に厳しかったり、理不尽なことなどもない。

無駄なことに時間や労力を使わない。

それぞれがソフトボールの技術を向上させるために精進しているという環境だったとのこと。


とはいえ、ソフトボールと野球は違った。

塁間も短い。それにより野球より細かいプレーが多くなる。

加藤優さんは大きなグラウンドでプレーする野球の方が性に合っていたようだ。

その後、1年生の11月で退部。高校1年生にして社会人野球チーム・アサヒトラスト女子硬式野球部に入団することとなった。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内