SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

【女子野球】「何があっても怒らないように心掛けている」加藤優さんが子供たちに野球を教える時にこれを貫いている理由は!?

「野球のコーチ」と「親」は役割が違う!

今は横浜ベイスターズのスクールコーチという立場で子供達に野球を教えている加藤優さん。

そのなかで「絶対に怒らないようにしている」という加藤優さん。

自分自身が子供の頃はガンガン怒られて野球をやってきたというが、真逆の方針でやっている。

その理由はどこにあるのか聞いてみた。


子供からしたら、どうしたって大人は大きくて怖い存在。

そんな大人に怒られて野球をやって、子供は本当に野球を好きでいられるか?

加藤優さんは「おそらく違うのでは」と話す。


「厳しいことは正しいこと」

こう思っていた時期もあるというが、しつけなどは各家庭の方針もあるので家庭に任せればいい。

野球のコーチとして最大の使命は「子供たちに楽しく野球の技術を身に付けてもらうこと」。

そこに「怒り」は不必要だという考えになったとのことだ。