SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

千葉ロッテマリーンズ荻野貴司「長打力のある2番バッター」がいる際の違い【ラブすぽ独占インタビュー】

千葉ロッテマリーンズの快足外野手、荻野貴司。一番の持ち味はそのスピードであり、1年目から12年間連続2桁盗塁(NPB史上4人目)を誇り、通算での盗塁数も235個を数えている(数字はいずれも2021年8月末現在)。

今季も1番での試合出場が続いているが、2番バッターには6月までは主にレオネス・マーティン、7月以降は藤原恭大という長打が期待できるバッターがいることが多い。

この場合、いわゆる小技が効く従来の2番バッタータイプが2番を務めるのと意識が違うのかを尋ねると「大きくは変わらないが、長打があるので無理して走る必要性は減った」と語る。

今季の盗塁数も15個と、8月末時点でリーグ5位。盗塁王のタイトルも射程圏に入るが、今はその意識はないという。「走れるときにしっかり」を心掛け、チームの2010年以来の日本一へ向け、荻野貴司はグラウンドに立ち続ける。

千葉ロッテマリーンズ 荻野貴司選手 ラブすぽ独占インタビュー(収録:2021年8月18日)

今浪隆博さんと学ぶ女性のためのマネーセミナー