SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

「2006年・第1回WBC」のゴールドメダルを見せてもらいながら松中信彦さんが“奇跡の優勝”を振り返る!!

敗戦濃厚になったときに宮本慎也にかけられた言葉とは!?

なかなか本物を見ることはできない第1回WBCの優勝メダルを見せてくれた松中信彦さんが、当時の状況を思い出してくれた。

 

2004年、2005年とプレーオフで全く打てなかったということで「短期決戦の日本代表に松中信彦はダメだ」という世間の声が多かったとのこと。

そのプレッシャーがキツイなかでの4番を任された。

絶対に結果を残さないといけないという気持ちで臨んだという。

 

まさか予選で韓国に連敗するとは思っていなかった。

予選敗退が濃厚になったときに宮本慎也と「どんな顔で日本に帰ればいいんだろう」と話し合ったことが記憶に残っているという。

 

結果的に他国の勝敗が日本にとって好都合なことになり、決勝トーナメントに進出。

監督だった王貞治が鼓舞してくれたこともあり、チームが一つになって優勝できた。

 

ボブ・デービットソンという審判の誤審問題も当時、世間を賑わせたことも思い出してトークしてもらった!!

ぜひ動画をご覧あれ!!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内