SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

  • HOME
  • SPORTS TALK
  • 【川﨑宗則トークショー】選手がムードメーカーをしてはダメ! 誰が担うのが良いチーム!? そして、声を出すことだけがムードメイクというわけでもない!!

【川﨑宗則トークショー】選手がムードメーカーをしてはダメ! 誰が担うのが良いチーム!? そして、声を出すことだけがムードメイクというわけでもない!!

プロ野球選手になってムードメーカーを担おうと思ったことは一度もない!!


球界屈指のムードメーカーという印象の強い川﨑宗則さん。

5人姉弟の末っ子で小さいころから家庭内の空気を見て、父親や姉の機嫌を観察して暮らしていたとのこと。

 

意外なのはプロ野球選手になって自分自身がムードメーカーとなろうと意識したことは一度もないと話す。

川﨑宗則さんの持論では「ムードメーカーになるべき存在は監督」だと話してくれた。

選手は良いプレーをするのが仕事。なので、ムードメーカーになるようなことを意識するよりもプレーに専念するべきだというのだ。

 

川﨑宗則さんが経験した監督で言うと、王貞治監督はライトフライでも「行ったー!」と元気な声をあげてくれてベンチを盛り上げるタイプの監督で、非常に良いムードメーカーだったと話してくれた。

とはいえ、声を上げることだけがムードメイクではない。

秋山幸二監督は基本的に何も言わないので選手はノビノビとプレーができた。これも別のタイプのムードメイクで素晴らしかったという。

 

ちなみにメジャーリーグでは選手がベンチで大きな声を出していると「ゆっくり休んでおけ、声はオレたちが出すから」と監督やコーチが言ってくれていたとのこと。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内