SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

村田修一に5割打たれていた!? 村中恭兵が投げる時に出しまくっていた癖の数々!!

当時、なぜそこまで打たれるのか分からなかった…

ヤクルト時代、投げる時に癖が出まくっていたという村中恭兵投手。

投げるたびに周りから指摘されていたという。

その癖を教えてくれた。もう直したから話せることだ。


グローブから出ている手首の長さ。

セットポジション時の手首の角度。

投球前の足踏みの回数。

足を開く時の角度の違い。

とても細かいことが多いが、プロ野球選手としては致命的になるのだろう。


もっとも打たれていたのが村田修一(横浜→巨人)だったということで、4割とか5割打たれていたはずだという。

おそらく癖を盗まれていたのではないかと語ってくれた。チームメイトからも言われていたという。

ただ、当時は自覚症状はなかったという。


癖が盗まれていると感じてからは、わざとそれを逆手にとって投げることも試したという。


今回の記事は内容が非常に繊細。

ぜひ、村中恭兵投手の生の声を動画でご覧になって欲しい。