SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

腕の角度を少し下げると速いボールが投げられたが、角度がないと「良いまっすぐ」ではない≪村中恭兵オンライントーク≫

水平に来るボールはバットに当てやすい

球速のことだけを考えたら、スリークオーター気味に投げるのが最もシックリきたという村中恭兵さん。

しかし、「バッターを打ち取る」ということを考えれば“ボールの角度”がなるべくあったほうが良いと考えていたという。

その理由は、ボールに角度がないとバッターがボールを線で捉えられる確率が高くなる。角度があると点で捉えないといけなくなる。

なので、あまりヒジを下げて投げると「速いけど打たれるストレート」になってしまうという感覚だったと話してくれた。

少し専門的な話だが、野球好きにはたまらない話!!