SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

【DeNA】正捕手どうする問題! 何年かは我慢して山本祐大を使うのはアリ、ナシ!?≪中村武志さんオンライントーク≫

時にはチームの勝利を犠牲にすることも!? 正捕手を育てるには何年か我慢して使い続けないといけない


伊藤光がオリックスから来て84試合に出場した2019年だったが、翌年は戸柱恭孝が96試合に出場。

昨年は伊藤光:53試合、戸柱恭孝:56試合、山本祐大:51試合と、嶺井博希:36試合とレギュラーキャッチャーを固定できていないでいる横浜DeNAベイスターズ。

この状況を中村武志さんはどう見ているのか?

 

このなかで最も若くて唯一の20代・山本祐大に託してみるという手もある。

中村武志さんも敵チームながら見ていて素質を感じていたという。

まだ23歳という若さはとにかく他キャッチャーに比べて有利。たとえミスをしてもノビシロを考えればチームとしては我慢するべき。

これが30代のキャッチャーでは結果が重要であって、もう我慢はできないからだ。

 

とはいえ、山本祐大がレギュラーとして胸を張るには現状では何かが足りないから。

チーム内の詳しい事情は中村武志さんも分からないが、もう一皮むけて欲しいことを期待させるキャッチャーだ!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内