SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

【ヤクルト】仲良くしていた選手&キャッチャーと意思疎通を取っておきたい理由≪成瀬善久オンライントーク≫

ただ仲良しとは違う関係が必要なバッテリーという関係

ヤクルトで過ごした2015年~2018年の4年間。

それまでにいたロッテと比べてもらった。


全体的な印象としては「仲の良い、楽しい」チームの雰囲気は似ていたという。

そうでないチームもあるんだと勘繰ったりしてしまいますが…(笑)。


具体的に仲良くしてくれたヤクルトの選手は石川雅規や川端慎吾。

そして、特によく食事に行ったのはキャッチャー・中村悠平。


中村悠平をよく誘った理由も教えてくれた。

自分が投げたいボールと、中村悠平が投げさせたいボールの意見交換を事前にしておかないといけないと思ったからだという。

その意思疎通ができていないと、いざという時に投げたいボールのサインが出ないものだと成瀬善久さんは教えてくれた。