SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

【栃木ゴールデンブレーブス】選手であると同時にコーチ兼任、どう指導している!?≪成瀬善久オンライントーク≫

まだまだ若手選手と同じ動きが出来るからこそのメリットとは?

BCリーグ・栃木ゴールデンブレーブスでは選手兼コーチという立場の成瀬善久さん。

やり易い? やりにくい? そこのところを聞いてみた。

自分が試合で打たれたりフォアボールを出したりといった実際に悪い例をしたとき、若い選手に「自分と同じようなことはしないように」と伝えやすいという。

たしかに練習でのことよりも実際に試合で起こった事の方が、リアリティーを持って若い選手も受け入れることが出来るはずだ。

練習時のことで言えば、通常の「現役を引退してからのコーチ」は年齢的に現役選手と同じように動くことのできない事が多い。

しかし、成瀬善久さんは同じように動くことが出来るので、フィールディング練習などでも実際に自分でお手本を見せることが出来るのでやりやすいし、若手選手にも伝わりやすいはずだという。