SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

「招き猫投法」成瀬善久の投球フォーム実演! どうしてこういうフォームになった?

中学生の時までは体を大きく使うピッチングフォームだった

「招き猫投法」とファンからは呼ばれている成瀬善久さんのピッチングフォーム。

高校時代の恩師、横浜高校・渡辺元智監督から言われた一言が大きく影響しているとのこと。

その言葉とは、

「ボールをホームベースに当てるつもりで投げなさい」

中学生の頃までは大きなフォームで投げていたが、渡辺元智監督の教えを守るためにコントロールを重要視していったら、だんだんとフォームが小さくなっていったとのこと。

また、プロに入って故障した後に、右手の上げ方を少し変えた。

その投げ方がいつのまにか「まるで招き猫みたい」とファンの人達に言われるようになったそうだ。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内