SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

リリーフ投手の「イニング跨ぎ」そんなにキツイもの!?≪斉藤和巳オンライントーク≫

初回の1イニングと試合終盤の1イニングでは重みが違う!?


野球中継を見ていると、解説者の人が「イニング跨ぎは厳しい」と言っているのを聞いたことはないだろうか?

とはいえ、先発ピッチャーは「イニング跨ぎ」をするのは当たり前。どうしてリリーフピッチャーの時だけ「イニング跨ぎがキツイ」ということになるのか?

そこのところを斉藤和巳さんに聞いてみた。

 

多くの球数を投げているわけではないから、体力的な問題ではない。精神的な問題なのだ。

リリーフ投手はピンチの場面に出て行ったり、僅差で出ていくことがほとんどなので、マウンドに立つときは気持ちを最高潮にして行っている。

そこで1イニングを抑えた時、もちろん人間なのでホッとする部分がある。

なので、次のイニングまでその緊張感を維持するというのは至難の業だと斉藤和巳さんは言う。

 

勝負を左右する試合終盤の1イニングを抑えるということがいかに大変なことなのかを教えてくれるオンライントークだ。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内