SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

田中将大、平野佳寿、メジャー帰りの2人を斉藤和巳さんは開幕直後にどう見ていた!?

このクラスのピッチャーは絶対に弱音を吐かないもの

※収録は3月末の時点です。


楽天・田中将大

オリックス・平野佳寿

今年、メジャーリーグから帰ってきた2人の投手について斉藤和巳さんの分析だ!!


まず、日本の野球に再び対応できるのか? という心配があったと思うが、このクラスの選手になれば「対応に困っています」なんてコメントをするわけはない。そこは多少の強がりも見せるだろうと予想していた。

ただ、絶対的にブランクはある。言葉にはしないが心の中で感じていたメジャーとの違和感はあったはずと斉藤和巳さんは言う。


田中将大に関しては開幕前から調整ピッチが早いと感じていたが、これがメジャー流なのかなぁと見ていたという。

平野佳寿に関しては、マスコミにもっと取り上げて欲しい! と斉藤和巳さんは語っていた。


前半戦を負えて、

田中将大は13試合で先発、4勝5敗で防御率2.86という成績。

平野佳寿は22試合に登板、3敗3ホールドで11セーブ、防御率は3.66という成績だ。