SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

【ヤクルト】塩見泰隆を数字で分析! ピッチャー目線から負けないエース・斉藤和巳さんが唸る!!

斉藤和巳さんにピッチャー目線から塩見泰隆の魅力について話してもらった


昨年の優勝、そして2022年シーズンも首位を走るヤクルト。

その好調の要因は、リードオフマン・塩見泰隆の存在なくしては語れないだろう。

 

長打もあって出塁率も高い、なおかつ足もあることが最も魅力だと話す。

事実、2021年の成績は

出塁率.357

ホームラン14本

盗塁21個

という成績。もうワンランクアップすればトリプルスリーも見えてくる成績だ。

 

2022年シーズンも66試合終了時点で

出塁率.369

ホームラン11本

盗塁17個

間違いなく昨年を上回る成績で来ているからスゴイ!

 

1番バッターで力強いバッティングをしてくるというというのは先発ピッチャーからしたら、とても嫌だと斉藤和巳さんは言う。

プレイボールと同時に怖さがあるという。

ちょこちょこ当ててくるようなタイプの1番バッターもいるが、そういうバッターにはない怖さだ。

出塁させたら足もあるので気になってしまう。

色々なことを考えないと投げなくてはいけないバッターなので神経をすり減らされるのでピッチャーからすると本当に嫌なバッターだと褒めたたえる斉藤和巳さんだ。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内