SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

【DeNA】牧秀悟は日本代表になれる!? 里崎智也さんの忖度なき分析!!

WBCは2023年3月に開催!

牧秀悟が2年目のジンクスを感じさせない好成績を残し続けている。

7/19現在で打率.282、出塁率.352、ホームラン17本、打点59。

4番を任されている重圧もはねのけての好成績だ。

この成績なら侍JAPANに選出されても良さそうなものだが、里崎智也さんに見解を聞いてみた。

 

代表のセカンドはすでに攻撃のヤクルト・山田哲人、ディフェンスの広島・菊池涼介という2枚看板がいる。

他の内野陣の顔ぶれを見てみても、ヤクルト・村上宗隆、巨人・岡本和真の長距離砲2人。

攻守に渡ってレベルの高い巨人・坂本勇人、西武・源田壮亮、楽天・浅村栄斗などは確実に代表レベルの選手。

他にも、若手だと走れる阪神・中野拓夢などもいる。

ここに割って入るためには誰かを蹴落とさないといけない。なぜなら代表選手の人数は決まっているから。

 

最終的には栗山英樹監督の判断になるが、里崎智也さんの見解としては少し厳しいのではないかというのが本音だ。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内