SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

【プロ野球】前半戦のパ・リーグ、世間的には目立ってないけれど里崎智也さんが本当に評価したいキャッチャーは誰!?

※6月14日の収録です

前半戦を終えた時点で、里崎智也さんが評価したいパ・リーグのキャッチャーを聞いてみた。

 

まず名前があがったのは日本ハム・宇佐見真吾。

数字は度外視でインパクトのある活躍をしていたという感想だ。

盗塁もソコソコ刺すし、ここ一番での決勝タイムリーなども多かった印象とのこと。

もちろん数字的なところを見てしまえば、もっと頑張らないといけない部分はあるが、インパクトという意味ではNO.1との評価だ。

 

あとは西武の柘植世那、牧野翔矢、古賀悠斗の3人。

森友哉がケガで戦線離脱した期間が長かったが、投手陣をしっかりとリードしたことを評価したいという。

昨年まで「西武は投手陣が弱い」とずっと言われていた中で、今年はパ・リーグで防御率1位。

決して投手陣のメンバーが大きく変わったわけではない。

それでも昨年から防御率を大幅に改善させたことは、ピッチャー陣の頑張りだけではなく、森友哉以外のキャッチャー陣も評価しないといけないというのが里崎智也さんの持論だ!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内