SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

【里崎智也】大谷翔平のように25歳以下でメジャーへ渡れば日本人はもっと通用するはずだけど、ルールが悪いわけではないし…

ファンが求めているのは海の向こうで活躍する日本人? それとも目の前で超一流選手を見られること!?

日本人選手がメジャーリーグに挑戦する場合の年齢について、里崎智也さんが本音を披露してくれた。

 

大谷翔平が海を渡って大活躍しているが、エンゼルスと契約したのは23歳のとき。

ポスティングシステムを使用しての移籍だった。

しかし、これは日本人選手がメジャーリーグに挑戦するパターンとしては珍しいパターン。

大部分はFAを取得しての移籍となるため30歳を過ぎてからの移籍となる。

里崎智也さんは「これでは向こうで活躍するには遅い」と提言する。

やはり25歳ぐらいで行かないとダメだと。

 

とはいえ、日本球界を全く無視することもできない。

あまりにも早く人気選手がドンドンとメジャーリーグに移籍してしまうと日本球界が空洞化してしまう。

それを防ぐために設けられたルールなのだから、一概に悪いとは言えないのがジレンマだ。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内