SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

【阪神】1アウト1塁2塁の場面で関本賢太郎さんがネクストバッターズサークルにいるときに考えていた事とは?

ネクストバッターズサークルに入っている時の「最高潮テンション」は1日1度しか作れない!

関本賢太郎さんが教えてくれる代打あるある。


1アウト1塁2塁のチャンスでネクストバッターズサークルにいるシチュエーションの話。

①前のバッターがヒットを打って満塁で回ってくる

②前のバッターが三振などアウトになって2アウト1塁2塁で回ってくる。

③前のバッターがゲッツーを打って回ってこない

大きくこの3つのパターンを想定するという。


当たり前だが、①でも②でも強い気持ちを持って打席に入る。

やっかいなのは③の時だ。

次の回以降に全く違うシチュエーションで代打に出ることがある。

しかし、もう1回自分のテンションを最高潮まで上げたのに下がっている。もう一度そのテンションを上げるのは至難の業。

関本賢太郎さんの感覚では、2回目のネクストバッターズサークルでは成功率半減。

3回目のネクストバッターズサークルがあるようなら、もうそれは打てるわけがない。

だから代打の選手に「とりあえずネクスト入っとけ」なんて絶対に言ってはいけないのだ。


改めて代打とは非常に難しいポジションだと分かる話だ。