SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

ホームラン女王のソフトボールを始めたきっかけは?

Text:奇天烈オムレツ

待ちに待った東京オリンピック、パラリンピックまであと8ヶ月。
2008年の北京大会で悲願の金メダルを獲得し、 2020年東京大会で、五輪種目に復活したソフトボール。
金メダルが期待される種目のひとつとして、大注目の競技です。

そんなソフトボールの競技や選手たちの魅力をソフトボール大好き芸人「奇天烈オムレツ」がとことん掘り下げます!

世界各国から代表選手が集う日本女子ソフトボールリーグで、今年大旋風を巻き起こしたチーム、Honda Reverta (ホンダリベルタ)
前年度総合10位(12チーム中)から、 リーグ戦2位で、4年振りに決勝トーナメント進出を決めました。
Honda Revertaは、栃木県真岡市に拠点におく、創設19年目の実業団チーム。

今年は、リーグ在籍3年目のエース:ジェイリン・フォード投手が最多勝。 野手陣も、森山遥菜選手、田井静華捕手、佐野由貴美選手、長谷川優理選手、胡子路代選手などが、打者成績の上位に食い込むなど、投打に渡り大きく進化しました。

そこで今回は、世界最高峰のリーグで、 チームを決勝トーナメント進出へ導いたHondaRevertaのキャプテン、 森山遥菜選手にインタビューしてきました!

2017年には、ホームラン女王に輝いた森山選手。 今年もその打力で、チームを勝利に導きました!
決勝トーナメントは、東京オリンピックの会場でもある横浜スタジアムで行われます。
オリンピックさながらの熱い戦いが繰り広げられること間違いなし!

【動画】森山選手がソフトボールを始めたきっかけとは?

ソフトボールに魅了される人がもっともっと増えますように。
合言葉は『ラブ・ソフトボール!』

そして、決勝トーナメントで日本一へ!! 頑張れ!HondaReverta!


『Honda Reverta(ホンダリベルタ)

日本ソフトボールリーグについて詳しくは、 こちら『JSL 日本女子ソフトボールリーグ機構
をご覧下さい!

【奇天烈オムレツ】
松竹芸能所属 2016年デビュー。ちばなはなこ・はつをの女性2人組コンビ。 2017年から自称ソフトボール大好き芸人として、日本ソフトボールリーグや日本代表の試合などに足を運ぶようになる。選手やソフトファンの間では一躍有名?だとか。いつも手作りのソフトボールの被り物をして試合を観戦している。

《ちばなちなこ》沖縄県出身
学生時代はソフトボール部でインターハイベスト16、沖縄県国体選手。現在は、もののけ姫でおなじみ米良美一さんのモノマネでTV出演も。(小道具、動画撮影担当)
《はつを》神奈川県出身
高校卒業後、約10年間水泳インストラクターとして働き、芸人の道へ。高校時代はソフトボール部に所属していたが、試合に1回も勝ったことのない弱小校だった。(おしゃべり担当)