SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

ソフトボール二刀流:藤田倭選手がハマっているのは?

Text:奇天烈オムレツ

待ちに待った東京オリンピック、パラリンピックまであと7ヶ月。

2008年の北京大会で悲願の金メダルを獲得し、2020年東京大会で、五輪種目に復活したソフトボール。
金メダルが期待される種目のひとつとして、大注目の競技です。
そんなソフトボールの競技や選手たちの魅力をソフトボール大好き芸人「奇天烈オムレツ」がとことん掘り下げます!

6月に行われた日米対抗戦で、世界ランキング1位のアメリカに対して、圧巻のピッチングをした日本の二刀流 藤田倭(ふじた やまと)選手。

SOFT JAPAN(日本代表)、太陽誘電ソルフィーユのエースとして活躍する藤田倭選手。
自身のグローブにも印されている倭(やまと)の『や』にちなんで、『や』から始まる質問をさせて頂きました!!

【動画】藤田倭選手がハマっているのは恋愛系よりも??

太陽誘電ソルフィーユは、群馬県高崎市に拠点をおく、創設36年目の実業団チーム。
シドニーオリンピック(銀メダル)、アテネオリンピック(銅メダル)で正捕手として活躍した山路典子監督を筆頭に、SOFT JAPANでも活躍する選手が揃う。
日本女子ソフトボールリーグで、決勝トーナメント常連組の太陽誘電ソルフィーユ。
今期は6位と終わり、4年振りに決勝トーナメント進出を逃しました。
今年の悔しさをバネに来年、更なる強さを魅せてくれる事間違いなし!

ソフトボールに魅了される人がもっともっと増えますように。 合言葉は『ラブ・ソフトボール!』
『太陽誘電ソルフィーユ

日本ソフトボールリーグについて詳しくは、 こちら『JSL 日本女子ソフトボールリーグ機構
をご覧下さい!

【奇天烈オムレツ】
松竹芸能所属 2016年デビュー。ちばなはなこ・はつをの女性2人組コンビ。 2017年から自称ソフトボール大好き芸人として、日本ソフトボールリーグや日本代表の試合などに足を運ぶようになる。選手やソフトファンの間では一躍有名?だとか。いつも手作りのソフトボールの被り物をして試合を観戦している。

《ちばなちなこ》沖縄県出身
学生時代はソフトボール部でインターハイベスト16、沖縄県国体選手。現在は、もののけ姫でおなじみ米良美一さんのモノマネでTV出演も。(小道具、動画撮影担当)
《はつを》神奈川県出身
高校卒業後、約10年間水泳インストラクターとして働き、芸人の道へ。高校時代はソフトボール部に所属していたが、試合に1回も勝ったことのない弱小校だった。(おしゃべり担当)