SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

鈴木尚広が語る丸佳浩が巨人に植え付ける広島で培った走塁意識とは!?

カープから巨人に移籍して2年目の丸佳浩。2018年には打率.306。

39本塁打97打点という素晴らしい成績を挙げ、2年連続でリーグMVPに輝いた素晴らしい打者である。

昨季も打率.292で27本塁打89打点と好成績。そのため「打」にばかり注目が集まるが、実は2013年には盗塁王に輝くなど8年連続で2桁盗塁を上げている「走」の選手でもある。

その丸佳浩の「走」への意識は、カープ在籍時代に培われていたと鈴木尚広は語る。

「走」への意識が高いチームは相手にとって恐怖感があり、その意識が徹底されていたのが、3連覇を達成していた当時の広島カープなのだ。