SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

足のスペシャリスト鈴木尚広が語る赤星憲広への尊敬の念とは!?

巨人で足のスペシャリストとして活躍した鈴木尚広。

土のグラウンドと人工芝のグラウンドでは盗塁の難しさが大きく違うと語る。

土の方がはるかに難しいのだ。

そんな土のグラウンドで数多くの盗塁を決めてきた阪神の赤星憲広をとてもリスペクトしていると語る。赤星憲広は5年連続盗塁王など、通算381盗塁を決めてきたレジェンドだ。

他にもカープの梵英心や田中広輔といった土のグラウンドで30個、40個と盗塁を決めてきた選手は、格が違うのだと語っている。