SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

走塁のレジェンド・鈴木尚広が最も対戦したくなかったピッチャーは横山竜士(広島・現コーチ)

走塁のスペシャリスト・鈴木尚広でも、牽制が上手で走りにくい投手がいたという。

一番苦手だったのは、現・広島カープの投手コーチをしている横山竜士だったという。

嫌だった理由は「クイックが速い&牽制球をしつこく投げてくる」から。

鈴木尚広さんからみても「横山竜士投手は自分がクイックを上手なことを自覚していた」という。

正直言って、横山投手が投げているときは「出たくない」と思っていたそうです。