SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

石井一久(当時:ヤクルト、現:楽天GM)の牽制の癖は見抜いていた《鈴木尚広オンライントーク》

「いかにランナーのスタートを遅らすことができるか」がピッチャーにとって大事なことだと、鈴木尚広さんは語る。

「いいスタートを切らせない」ために必要なことは、牽制の間合い、種類、速さ、など色々な要因があるが、ピッチャーにとって「クセが出る」というのも非常に大きなマイナス要因になる。


巨人時代にクセが分かりやすく、アドバイスを送ったピッチャーに東野峻がいるという。


逆に相手チームのピッチャーでクセが分かりやすかったのが石井一久(当時:ヤクルト、現:楽天GM)だったという。

どういう分かりやすい癖があったのか? 今だからこそ話せる裏話だ!