SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

【巨人】セカンドランナー時、ショートの守備位置の土が荒れている場所を気にしてリードしていた《足のスペシャリスト・鈴木尚広オンライントーク》

ショートは後ろにいて見えないが、どこにいるかイメージできる証拠がグラウンドにある

かなり専門的でマニアックなセカンドランナー時の牽制球対応についての話。


セカンドランナーの時、鈴木尚広さんはショートの動きに集中していたということ。

ショートは自分の後ろの位置にいるので目で見ることが出来ない。

なので、土のグラウンドだとショートが頻繁に動いている位置の土が荒れているので、そのあたりにいるのだとイメージしてリードをしていたとのこと。

しかし、東京ドームは人工芝だったため、その技は使えなかったという…。