SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

【巨人】もともと上投げだった中川皓太がサイドスローに向いていると感じた場面とは!?≪田原誠次オンライントーク≫

人それぞれ投げやすい腕の角度は違う。それが自然と出るのは楽に投げたとき!

いまやリリーフ投手として確固たる地位を確立している中川皓太。

しかし、もともとはオーバースローで結果が出なかった。

その時にサイドスローに転向するキッカケを作ったのは田原誠次さん。

サイドスロー投手としての技術指導もしたとのこと。


なぜ田原誠次さんは中川皓太がサイドスローが向いていると感じたのか?

それは、なにげない普段のノック中にそれはあった。

ピッチャーはノック中のスローイングはなるべくヒジや肩に負担をかけたくないので自然と楽な投げ方をするもの。

中川皓太はピッチングが上投げの頃から、ノック時のスローイングはサイドからだった。

それは中川皓太自身が本能的に投げやすいのはサイドスローなのではないかと田原誠次さんは感じたという。

だからといって必ずサイドスロー投手として成功するわけではないが、上から投げて結果が出ていないならと思い切って変えてみたら良い結果が出たとのことだ。