SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

ベイスターズの命運を握るルーキー投手

2019年3月25日開催 2019年プロ野球順位&タイトル予想大会

セリーグ6球団の監督の中で今一番悩んでいるのは、DeNAベイスターズ監督アレックス・ラミレスではないだろうか。

GWも明けた現在、12勝21敗0引き分け借金9の最下位に沈んでしまっているDeNAベイスターズ。セリーグで唯一15勝に届いておらず、首位巨人には8ゲーム差と大きく離されてしまっている。

チームが今ひとつ波に乗れない中でも選手個々で見ると、打率.311本塁打9打点22の活躍を見せる筒香嘉智やプロ2年目でセンターのレギュラーを掴もうとしている神里和毅は打率.290本塁打3打点11と輝き始めている。投げては今永昇太が防御率0.98、6戦3勝、46奪三振という素晴らしい投球を見せているが、打線が振るわず取れた勝ち星を落としてしまっている状況だ。

斉藤和巳氏も指摘していたリリーフ陣の防御率の悪さが今年もベイスターズの弱点として見えてきている。打線は水物なので、打者の調子の波が噛み合えば得点機会は増えてくるだろう。そんなベイスターズに求められるピースは今永昇太と名を連ねられる先発投手の台頭ではないだろうか。

最下位に沈むDeNAを救う今年入団した先発ルーキーとは!?