SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

豊田清がプロだから追い求めた数字

2001年から西武ラインズでクローザーに転向した豊田清。

その年の2001年には28セーブ。

2002年、2003年には2年連続38セーブでセーブ王。

チームの勝敗を大きく左右する場面でしっかりと結果を残してきた。

そんな豊田清も当時は1本ヒットを打たれることも許せなかったという。

現在、巨人の抑えを任されている中川皓太も同じような心境で登板しているのではないだろうか。

これからさらに結果を求められる中川皓太も当時の豊田清のように数字を追い求め、巨人の絶対的守護神になって欲しいところだ。

↓豊田清さんトークショーの模様はこちらから!↓
普段見ることのできない豊田さんの笑顔の写真を見る

今浪隆博さんと学ぶ女性のためのマネーセミナー