SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

豊田清が語った9回『1イニングを抑える』方法とは!?

2001年、コーチからクローザー転向を打診され、その後東尾修監督との面談の機会。

「一球に対する思いの強さ」を評価されていたことを知る。

丁寧に一球一球投げこむ。そんなコントロールへの信頼からクローザーを任されたのだ。

その年、豊田清さんは28セーブを挙げ、翌年には最優秀救援投手に輝くことになる。

そんな豊田清さんが考えていた「1回を抑える方法」とは!?