SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

谷繁元信が語るプロ野球ファンがTVを見て分かる「投手の制球がおかしくなった時」の変化とは!?【中日ドラゴンズ】

谷繁元信が語る投手の異変

ピッチャーの状態が悪くなったと感じる時はどういう変化があるか?

一概には言えないが、多く見られる傾向を教えてくれた。

なんと、それらはテレビを見ている一般ファンでも注意深く見ればわかることだという!!


まず一つは身体が横振りになったときだという。

こうなるとコントロールが乱れてくる。


あと大きな変化は「手首が寝てきたとき」だという。

たとえサイドスローピッチャーだとしても手首は立てておかないとダメだという。

このときもコントロールが乱れてきたり、変化球が甘くなったりするという。

たとえば中日の大野雄大だと、シンカーが右バッターの真ん中に入ってくる傾向があるとのこと。

こういうときはマウンドに行って伝えたり、イニングの合間にアドバイスとして伝えるという。


最後に「胸が早く見えるようになったとき」だという。

胸が早く見えると、必然的に腕も早く見えてしまいバッターは打ちやすくなってしまうという。