SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

【ヤクルト】館山昌平さんが見せてくれた手術跡&「野球人生が終わった」と絶望して泣いた時とは!?

サイドスローは肩よりもヒジにかかる負担が大きくなってしまう!


館山昌平さんはトミー・ジョン手術を3度も経験している。

また、その他にも肩、ヒジ、わきの下、指、手のひらに至るまで計9回も手術を経験している。

その手術跡を見せてくれた。

画面ではなかなか分かりにくかもしれないが、痛々しいメスの跡が残っている。

 

その中でも最もキツかったのは2013年にした2回目のトミー・ジョン手術の時だと話してくれた。

手術前に「もうプロ野球の世界に戻って来れないかもしれない」と感じたという。

 

館山昌平さんは2004年のキャンプ中にヒジの靭帯を切ってしまい、初めてのトミー・ジョン手術を経験していた。

そのとき「このヒジが5年もてば良いほう」というように聞かされていたという。

それが結果的に9年もってくれた。

しかし、その9年間で徐々に靭帯は伸び、2012年の時点ではもう切れそうな予感があったという。

この「切れそうで痛い」という状況の中、2012年シーズンは痛みを堪えて投げ切ったが、ついに翌年に靭帯は限界を迎えて切れてしまったとのことだ。

この瞬間に「自分の野球人生は終わってしまった。ここまでだったな。」という感情になって大泣きしたという。

館山昌平さんの壮絶なピッチャー生活を知ることができるエピソードだ。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内