SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

友永翔太が語る「1試合目の初回の1球目」が大切なワケとは?

試合の初回、1球目の入り方が見逃し方を含めて大事だと語るMCのケチャップ。これは元日本ハム・横浜・西武で活躍した森本稀哲から聞いたという。

友永翔太は、1球目の入り方の重要性に同意しつつ、自身は「バッティング練習の1球目も大切」と言われて練習していたという。

実際に初球含めたノーストライクの状況とツーストライク後では、一般的に打率が悪化する。ノーストライクでは3割を超える打率があっても、ツーストライクだと1割台まで下がる打者も多い。

実戦でトップバッターも数多く務めた友永翔太は、1球目の重要性を実感していたのだ。