SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

中日ドラゴンズキャプテン高橋周平。2軍時代の知られざる苦労と監督との絆

高橋周平選手は2011年に中日ドラゴンズにドラフト1位で入団。

2019年は故障で離脱するまで首位打者争いを演じるなど、シーズン打率はキャリアハイの.293。ゴールデングラブ賞も受賞するなど好結果を残した。

チームのキャプテンも2年目を迎えるなど、まさに中心選手になった高橋周平だが、若い2軍時代は相当な苦労をしてきたという。練習に熱心に付き合っていたのが、当時の佐伯貴弘2軍監督。その子弟の間柄を、共に練習してきた友永翔太が語っている。