SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

『一日一生』東海大相模高校で友永翔太が学んだ門馬敬治監督からの言葉とは!?

高校野球の名門、東海大相模高校(神奈川)。

元中日ドラゴンズの友永翔太も出身者の一人。縦じまのユニフォームに憧れて入学した選手たちが多かったという。

門馬敬治監督はコミュニケーションに長けた方で、練習後のミーティングでは講義なようなことも行われていたそうだ。

友永翔太の心に残った『一日一生』という言葉は「その日は返ってこないから、一日一日を大切に生きろ」というような意味だったという。

東海大相模高校の卒業生は、巨人の菅野智之を筆頭に球界で大活躍する選手が多い。

門馬敬治監督から高校で学んだ言葉の一つ一つが選手たちを成長させてきたのであろう。