SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

鶴岡慎也が戦い続けたコリジョンが導入される前の「ブロックのジレンマ」、導入後の「アウトにならないジレンマ」とは!?【元 日本ハムファイターズ/ソフトバンクホークス】

コリジョンルールのメリット&デメリットを本音トーク!

鶴岡慎也さんのプレーの真骨頂といえば?

周りの選手は「体を張ったブロック」とよく言われていたという。

 

しかし、コリジョンルールが出来てそのブロックは必要なくなった。

そう意味では今のキャッチャーは羨ましいという鶴岡慎也さん。

 

大きな外国人が突っ込んできたときは、上手くケガをしないように逃げつつ、チームメイトからも「鶴岡慎也は逃げなかったと思われるように見せる」ということに気を使っていたという。

逃げてしまうキャッチャーと思われたらチームメイトから信頼が得られなかった時代だったからだ。

 

コリジョンルールができて、昔だったらブロックしていればアウトになるタイミングのものも、ブロックできないので多くがセーフになってしまうのが今の野球だと鶴岡慎也さんは言う。

選手の安全を優先したがゆえにアウトが取れなくなった野球。

そのせいで試合時間が長くなっているという側面も間違いなくある。

何が正解なのか? 試行錯誤の時は続く。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内