SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

【ロッテ】9回も手術! ケガと戦い続け、それでも投げ続けた17年間を振り返る《内竜也オンライントーク》

メスを入れる時のメンタルは!?

千葉ロッテマリーンズ一筋・17年間の現役生活を終えた内竜也さんが『ラブすぽオンライントーク』に登場だ!


まずは、とにかくケガとの戦いだったと現役生活を振り返った。

なんと9回も手術をしているというのだから驚きだ。

 最も泣かされた部位のケガは股関節~下腹部の痛みだったという。

ヒジや肩ではないというのだから意外ではないだろうか?

メスを入れることに不安はなかったのか聞いてみたところ、

「医療技術は進歩しているので、治らないケガはないと信じていた。不安よりもケガする前よりも良い状態になって現場復帰しよう。」

という前向きなメンタルを持つように心掛けていたと話してくれた。