SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

【女子バレーボール】江畑幸子さんが初めて女子バレー日本代表に入った時の心境とは!?

自分だけ2部リーグから選ばれて、知らない人しかいない世界だった

江畑幸子さんにも聞いた「初めて日本代表に選ばれた時の思い出」。

迫田さおりさんと同様に「テレビで見ているようなスター選手たちといっしょにバレーボールができる」ことへのワクワク感が大きかったという。

迫田さおりさんと立ち位置が異なったのは、江畑幸子さんはVリーグでも2部リーグのチームに所属していたので、他のみんなに自分だけが知られていないという状況だった。

なので、普段のリーグ戦でも対戦することのない木村沙織や荒木絵里香などに囲まれていっしょにバレーボールをやっている状況が不思議な感覚だったという。