SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

アッパースイングの選手に「上から叩け」と指導することは理にかなっている≪和田一浩オンライントーク≫

人によって弱点はバラバラ。なので、指導方法も様々あって当然。

昔から言われてきた「上から叩け」というバッティング指導法に関する和田一浩さんの考え方。


昔は「上から叩け」が正しいとされていた。

そして近年はレベルスイング、フライボール革命などのバッティング理論が台頭してきて「上から叩け」は間違いだというのが常識になりつつある。

しかし、和田一浩さんは決して間違いとはいえないと語る。


もともとアッパースイング気味で打ちあぐねている選手に指導するときは「上から叩け」とアドバイスすると、結果的にレベルスイングになり良い結果に繋がることが多い。

なので、一概に「上から叩け」という指導が絶対に間違っているとは言えないと和田一浩さんは言う。


逆にもともとダウンスイング気味の選手に指導するときは「少し下から振ってみれば」とアドバイスすると結果的にレベルスイングになることが多いという。


選手によってウィークポイントは違う。なので、おのずと的確な指導方法も変わってくるのだ。