SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

【オリックス】柳田悠岐&森友哉が2大イヤなバッター、若月健矢がその理由を改めて語る!!

対戦して嫌なバッターはこの2人! 同じように見えて実はそれぞれ違ったタイプの卓越した能力の持ち主!!

まずはソフトバンク・柳田悠岐。

福岡PayPayドームにホームランテラス出来たことによって、より嫌な存在となったとのこと。

その象徴的な出来事が2020年8月11日に起こっている。

齋藤綱記が投げたボール気味のアウトロースライダーを片手1本でライトスタンドに持っていかれた。

あれをホームランにされたらお手上げだとのこと。

 

あとは同級生だという西武ライオンズ・森友哉。

ブンブン振ってきて、当たればホームランの怖さがある一方で、追い込まれると軽打に切り替えてミート重視のバッティングをしてくる。レフト前ヒットなんて簡単に打てるかのようなバッティングをしてくるので手強いと教えてくれた。

 

ファン目線から見てもこの2人が良いバッターなのは分かっているが、キャッチャー目線から見た感想はまた興味深い。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内