SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

【カタールW杯2022座談会】初戦の結果がどうなってもプランを変えてこないと予想する理由とは!?

この11人がベストメンバーという形はない森保JAPAN!

11月23日にカタールワールドカップ初戦を迎えるサッカー日本代表。

 

初戦がドイツ戦:23日22時(日本時間)

二戦目がコスタリカ戦:27日19時(日本時間)

三戦目がスペイン戦:12月2日4時(日本時間)

 

日程がタイトなため、心身に選手の負担が大きい。そのため、森保一監督はベスト8進出へ向けローテーションで選手を使ってくるだろうと、サッカーライターの飯尾篤史氏は予想する。

 

森保監督も日本代表選手自身も「レギュラー」と「控え」を分けて考えていない。対戦相手やコンディションによって「今日は彼が先発。自分は後から出る」と区別はあるが、役割が違うだけで優劣はない。

 

ベスト8進出から逆算。グループリーグ3試合+決勝トーナメント初戦までは、選手の出場時間をあらかじめ想定して大会に臨むのではないか。仮に初戦のドイツ戦で敗れたとしてもローテーションを採用し、2戦目はメンバーを入れ替えると思われる。異なる先発メンバーでも両方Aチーム。そういうチーム作りをしてきたのだ。

 

文章:「ラブすぽ」編集部

 

※この動画は2022年11月5日に実施したサッカーライター座談会の模様です。

参加ライター:飯尾篤史、木崎伸也、安藤隆人

インタビュアー:花田雪

この動画では主に飯尾篤史が発言

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内