SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

【カタールW杯2022座談会】三苫薫は先発出場ではなくてジョーカーとして活きる選手だとサッカーライター陣が語る理由とは!?

フレッシュ状態の三苫薫は止められない! なので、先発出場ではなくてジョーカーとして活きる選手だ!

さすが一流サッカーライター陣というトークをお聞きあれ!!

11月5日の時点で三笘薫の起用方法について深いトークが交わされていた!!

 

三人ともドイツ戦での三笘薫の先発はないと話していた。

理由は相手が止められない選手である三笘薫はジョーカー(スーパーサブ)としての存在価値が高いからだ。

 

飯尾篤史氏は個人的に3戦とも途中出場でも良いという考えを示してくれたが、それだとさすがに対スペインに分かりやすい戦術となってしまうのでコスタリカ戦は先発の可能性もあるかもしれないと話してくれた。

 

木崎伸也氏も相馬勇紀がメンバー入りした時点で、相馬勇紀はコスタリカ戦の先発予想。

なので、三笘薫は3戦ともジョーカーだろうと話してくれた。

 

安藤隆人氏も3戦とも交代枠の切り札は三笘薫が良いと話す。

もちろん本人はスタメン出場したい気持ちはあるだろうが、今の日本代表にとって三笘薫は常にフレッシュな状態で使いたい選手。

3戦とも途中出場で使うことで、そのフレッシュさを失わないでいられるはずだ。

 

文章:「ラブすぽ」編集部

 

※この動画は2022年11月5日に実施したサッカーライター座談会の模様です。

参加ライター:飯尾篤史、木崎伸也、安藤隆人

インタビュアー:花田雪

この動画では3人が発言

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内