SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

「荒れ球」でも結果を残しているピッチャーをどう見ているか?《元ドラゴンズエース・吉見一起オンライントーク》

吉見一起さんのコントロールの良さは、子供の頃に育った団地に秘密があった!?

2020年、惜しまれつつも中日ドラゴンズのユニフォームを脱いだ吉見一起さん。

2009年&2011年と2度の最多賞を獲得した中日ドラゴンズの元エースがオンライントークを披露してくれた。

「荒れ球」と言われるピッチャーがいる。自滅するイメージが強いかもしれないが、長年しっかりと結果を残しているピッチャーもいる。

コントロールの良い吉見一起さんから見て、そういったピッチャーはどのように見えているのだろうか?

例えば阪神タイガースの青柳晃洋投手は「荒れ球」のイメージが強いが、それを武器に出来ているピッチャーの一人だと見ているという。

実際、チームメイトのビシエドは青柳晃洋を嫌がっていたと教えてくれた。